三洋「eneloop bike」
新充電機能で走行距離100キロ
前後輪駆動でふらつきを低減

 三洋電機は12月1日、電動ハイブリッド自転車の新製品「eneloop bike(エネループ バイク)」を発表した。従来の「ブレーキ充電システム」に加えて、下り坂の走行時にもモーターブレーキで充電できる「オートモード」を搭載したのが特徴。充電1回当たりの走行距離を約100キロにまで伸ばした。前輪にモーターを搭載した両輪駆動方式によって、発進時や上り坂走行でのふらつきを低減したという。また12月1日からの法改正に伴い、人力とモーター力の比率を1対2にまで引き上げた。価格は税込みで13万6290円からで2009年2月上旬に発売を予定している。詳しくは動画をご覧ください。

(2008年12月02日、03分24秒)

ピックアップ動画

ページ先頭へ戻る ▲ページ先頭へ戻る